センター試験の勉強法

センター試験勉強法としては、まずは、センター試験を把握する必要があり
ます。 センター試験は、『基礎力を徹底的に』と、『センター試験の傾向に
沿った訓練』が、勉強法である、と言えます。

とにかく、重要であるのは、『基礎力』と『傾向』です。
センター試験では、奇抜な問題であったり、難題なものは一切でません。

基本的な問題のみが出題されるので、センター試験の勉強法は、基本的な
事を徹底的に勉強すること、と言えます。

基礎力は、とても大切で、この事をさらに強く意識して、勉強法を計画、
実践していく必要があります。

また、センター試験は、基礎的な良質の問題ばかりであるとはいえ、
明らかに他の記述式とは、全く違った『傾向』があります。

例えば、数学であれば、問題の出題の仕方が、『誘導式で空白を埋める
問題』、地理であれば、『図表の読み取り問題』、国語であれば、
『ひと癖ある、正誤問題』などが、代表的な傾向です。

これらをふまえ、基礎力をつけることに加え、センター試験の傾向に
合った訓練をする事が、センター試験の勉強法と言えます。