同志社大学の勉強法

同志社大学を受験にする際には、同志社大学の試験にあった勉強法にそって
勉強することが必要です。

同志社大学の試験を、きちんと把握し、それを基に、勉強法を確立させていき
ましょう。 同志社大学の受験生のレベルは、全体的に高くなっています。

全体的にレベルが高いため、合格ラインの最低点が高くなっています。
科目に偏りが少ない、バランスの良い総合点を目標として受験勉強しなければ、
いけません。

例えば、文系であれば、全学部が、英語200点、国語150点、選択の
科目150点での受験とされています。つまり、英語の配点が高いことが
わかります。

さらに、選択科目の点数は、得点調整が行われるようです。 以上のことから、
同志社大学の勉強法としては、英語を優先的に勉強することが重要と
言えます。

また、出題傾向を把握する意味でも、勉強法としては、過去問をどんどん
解くことをお勧めします。

そして、過去問は、文系・理系に関わらず、全学部の出題傾向が同じ、
であるとされているので、全学部の問題を一通り解答してみることも、
お勧めと言えます。