東京大学の勉強法

東京大学勉強法に必要なのは、まずは、東京大学の入試の試験の内容を
把握する事が必要です。

東京大学の前期入試には、一次試験と二次試験があります。
一次試験は、センター試験になり、110点満点です。
二次試験は、前期試験と呼ばれ、440点満点になります。
この二つの試験の合計点数、550点満点で合否が判断されます。

合格最低点のラインは、文系・理系ともに、ほぼすべての科目において、
おおよそですが、60パーセント(ただし、理科稽爐任蓮△およそ
72パーセント)の正解率で、合格できるようになっています。

つまり、東京大学の入試だからといって、なにも満点を取る必要はないのです。
意外ですが、半分よりも少し正解出来れば、合格できるのです。

このことをふまえ、東京大学の勉強法を組み立てていきましょう。
東京大学の受験で、医学部を目指さないのであれば、理科粁爐鮗験する
のがお勧めです。理由は単純です。

理科粁爐蓮⇒科気茲蝓∧振囘世低い事が理由です。
実際は、理科砧爐里曚Δ募集の人数は多いのですが、合格平均点が低い
理科粁爐お勧めです。

ちなみに、入学後は、基本的には、理科機⇒科粁爐里匹舛蕕任癲
医学部以外の全ての学科に進学が可能ですので、特に問題はありません。

もし、単純に東京大学に進学したい、ということであれば、断然に文系の
稽爐お勧めです。

センター試験の結果によっても、受験学科を検討するべき、という点も
東京大学の勉強法には、必要なことです。