京都大学の勉強法

京都大学に進学を希望するのであれば、京都大学にあった、特化した
勉強法が必要です。

他の大学にむけた勉強をするのではなく、京都大学に合わせた勉強法
するべきです。

なぜかと言うと、京都大学の問題には、かなり癖があるためです。
例えば、英語。 英語は、和文英訳と英作文のみの二次試験になります。

また、国語においては、相当分量の重いの記述量の評論、小説に、
加え古文です。理系は、二つのうち一つの問題を選択します。

漢文はいくら勉強しても、問題にでません。 物理の問題は、記述方式
ではなく、穴埋めの方式になります。

数学は、解く方法が分かれば、かなり短時間で解答できる問題
良く出ます。

それ以外の勉強、例えば、漢文や、英語の要約の勉強をしても、
意味がない、とは言い切れませんが、かなり非効率になります。