数学の効率化

大学受験の数学の勉強法としては、一般的に、以下の二つに分けられます。
まず、暗記型です。 暗記型、とは、問題を解き、解けなかった場合に、解答の
解法を暗記し、パターンを暗記する、という方法です。 次に、理解型、
があります。

理解型とは、問題を解くにあたり、問題の意味や解答の意味をじっくり考えて
理解し、違う問題でも回答できるようにする、という方法です。

大学受験の数学の勉強法としては、基本的に問題集を使うことをお勧め
します。

問題集を解くにあたり、分かり切った問題や、方法が明確に理解できている
ものは、どんどんとばして進めていきます。

このようにすれば、理解できている問題は、すぐに終わらせる事ができ、
無駄を省き、時間短縮にもつながります。

あいまいな設問については、解けそうだと思った場合、頭の中で回答を
思い浮かべ、解答を見て確認します。

頭で思い浮かべるだけでは、自身が持てない場合、実際に手で過程を
描いてみてから、解答と見比べ確認します。

ここで、全く分からない問題についての解き方がポイントになります。
全く分からないからと言って、すぐに解答をみてはいけません。

まずは、その設問が、なにについて問うている問題なのか?自分の何が
足りなくて、理解ができないのか、を明確にし、その後解答を確認します。

その後、また設問に戻り、自分が何に気がつかなったのか、なぜ気づく
ことができなかったのか?どのような思考回路が必要だったのか、
を改めて考えます。