現代文のプロセス

大学受験現代文の勉強法とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

よく聞く大学受験の現代文の勉強法のイメージとしては、
「現代文は運みたいなものだ」
「日本人だし国語は普通にできると思う」
「現代文は解けない人には解けない。出題者との相性だ」
などと考え、勉強しない人も多いということがあります。

しかし、学力の試験としてだされている現代文ですので、回答が運で
あるわけは、ないのです。

やはり確実に論理が存在し、求められる解答も一つで、きちんと答えが
あります。

もし、運であり、勉強する必要もなければ、大事な入学試験であいまいな
答えがあることになり、クレームがついてしまいます。

結論としては、あいまな回答ではなく、確実に、解き方があると言えます。
しかし、勉強法がわかりにくい、という点も事実としてあります。

現代文の勉強法の大切な事は『解答を導く正しい手続きのプロセス』 を
学習し、身に付けるということです。

つまり、その方法としては、
1.まず設問をを聞いて、そのような点を聞いているかをチェックする。
2.全部の文書を同じように読むのではなく、強弱をつけて読み、
各段落の内容をつかむ。
3.傍線部に関する設問を読み、該当部分を慎重に読みくだく。
4.最後に設問を解いていく。