英単語を学ぶ

大学受験の英語の勉強法として、大切なこと、それは、英単語の習得とも
言えます。

言うまでもなく、英語力は、英文法をある程度ひと通り習得した前提で、
その後は、単語や熟語などの英単語力が効果を表す、と言っても、過言では
ありません。

しかし、残念ながら、英単語帳を日々持ち歩き、一生懸命覚えても、
覚えたそばから忘れていってしまい、結局身についておらず、投げ出したく
なったひとは多くいると思います。

そうならないためにも、効率良く、すんなり英単語を覚えられる方法で
勉強しなけらばいけません。

英単語勉強法としては、以下のポイントが上げられます。
1、英単語を覚えるときは、単語の意味をつかむために例文を理解する。
2、音声で覚えるため、例文のODを何度も聞いて復習する。
3、定期的にCDを聞き、すらすらとシャドゥイングできるまでにする。

英単語を覚えるときに、例文を理解する、とは、例文の内容を具体的に
イメージすることによって、想像力を使い、より鮮明に記憶に残すことが
できます。

例文の中の英単語全てを理解できなくても、全体をイメージして理解する
ことにより、徐々に、例文がより理解できるようになってきます。

理解できる英単語が増えると、より具体的に例文がイメージできるように
なってくるので、自分の成長にも気づき、勉強が楽しくなってきます。

ODを聞いて、音声で繰り返し英単語を聞くことにより、知らず知らずの
うちに、効率的に復習することが、出来ます。

音声で聞いたときに、理解できなかった単語は、また調べて理解し
直します。 そのことにより、どんどんと英単語が定着していきます。